さまざまなお仕事について紹介していきます!

フードコーディネーターの仕事について

フードコーディネーターは食に関する幅広い知識を駆使し、フードビジネスの現場に従事している料理人栄養士・店舗設計の建築士・商品開発者などの各専門家をうまく連携させ、フードビジネスとして成立するように総括的なマネージメントを行います。
ホテルやレストラン、食品メーカー、スーパーマーケット、惣菜・弁当製造会社などにおいて、新しいメニューの開発、レストラン開店のプロデュース、テーブル回りのコーディネート、レシピの作成、調理技術の指導、食に関するセミナーなど催しものの企画などを手掛けます。
食品関係の業界だけではなくテレビ番組やコマーシャルの撮影と演出、ポスターやパンフレットの作成と編集、食に関するイベントの企画などで活躍する場合もあります。
仕事として接するのは、直接の消費者ではなくレストランの経営者や食品メーカーの業務担当者、テレビや雑誌などの制作担当者です。
入職にあたり特に必要とされる学歴はありません。
食に関する基礎的な知識が必要であるため、短大の食物関係学科や専門学校の調理師科を卒業していれば有利です。
資格としては日本フードコーディネーター協会が認定するフードコーディネーター資格があります。
基本知識を問う3級とより深い専門知識を問う2級があり、資格を持っていれば入職の際に有利です。
また、調理師、栄養士、製菓衛生師などの資格を取得していれば、より広い分野をカバーできるため、プランニングが容易になります。
必要な知識としては、食材や調理、テーブルウエアと食器の配置、食事のスタイルとサービスの技法などです。
それに加えて、マネージメント力、創造力、開発力、情報収集力なども必要とされます。
仕事を進めていく上では、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力なども必要です。
食に関する現場経験を積み店舗経営や商品開発において利益追求にもとづいたビジネスとして成り立たせるまでのキャリアが必要とされ、実力をつけてフリーとなる場合が多いのです。